Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

お金のこと

貯蓄いざという時のお金いくら持ってたら安心?

2017/06/29

Pocket

okane1



今日も屋根の修理工事で
愛犬クーちゃんは吠え続けてます^^;

だいぶ涼しくなってきましたね。
秋らしくなってきました。

ラジオからはユーミンの曲
「やさしさに包まれたらなら~」が流れてます♪
今回は

いざというとき皆さんはいくらくらいお金を持っていれば安心しますか?

人生何がおこるかわからない

私の体験

人生何がおこるかわからない・・
会社だってずっと勤め続けられるかわからないですよね。
将来の不安 老後の不安 ひとりの不安 介護の不安など・・
結婚したら安心ってこともなく・・

 

離婚

私の場合23歳で結婚し
30歳の時に離婚
そのときは協議離婚だったので
慰謝料とかはなし。

そのときの
私のお金は100万円

実家には帰らず一人暮らしはじめました。
引っ越し代や新たな生活必需品に50万~60万かかりました。

引っ越し代 けっこうお金かかります。
敷金礼金 新居の生活用品 家電とか・・もろもろ

当時は派遣社員・・
これからはひとりで生きていかないと・・
就活をしながら正社員の仕事を探しながら働き
正社員の会社につくことができました。



 

リストラ 突然の死

その後
事実婚していたときがあり
彼氏が40歳のときでした。
ちゃんと仕事してるのに
会社の都合で給与の多い40代50代からリストラされました。
40代から仕事を探すのはかなり難しく
アルバイトをしたり友人の会社でお手伝いしたり

私の給与と彼のアルバイト代で生活
私も仕事していたのでなんとかなりましたが
この先不安・・・って
いつも思ってて

10か月後に正社員の仕事につけてものの
2週間後に心筋梗塞で突然この世を去りました。
これからというときに・・ショックでした。

このとき仕事を失くすということ
身内に突然何がおこるかわからないこと

を経験しました。

休職と入院

最近では
今の主人
うつ病になりその後肝炎になり入院しました。
私は専業主婦になっていたので
生活費は貯蓄から切り崩す状態でした。
減る一方です。
10日間入院も近所の病院からすぐに大学病院への入院だったので
すぐに入院費が必要でした。

10万円は必要だったので たまたま予備をもちあわせていたので
良かったですが・・

受付ではそんな大金持ってない!急に入院ですぐには無理だ!!と
怒鳴っているご家族の方がいらっしゃいました。

気持ちはわかりますが・・
やはりいつなんどき何が起こるかわからないので
手元には10万円くらいはもってたほうがいいと思います。

ほんとに人生何がおこるかわかりません。

 

いざというときに少しでもお金をキープしておかないと
と痛感しました。

 


 

備えとしてのお金の額は?

備えとしてお金をどれくらい持っていれば安心するのか

男性 1位 300万円
2位 100万円
3位   10万円

女性 1位 300万円
2位 100万円
  3位   50万円

男女とも1位は300万円ですね。

「300万円あれば1年なんとかしのげる」という仕事を失くす不安が多いようです。

あと2位の100万円は

「100万切ると不安・・」「なんとなくおいておきたい額」
100万未満は「自分や家族に何かあれば対応できる額」
「入院したときに困るから」

 

そうですね。保険に入っていてもすぐにはお金が入らないので
先に払っておく現金が必要になります。

 

とりあえず 今は貯めてない人でも10万→30万→50万→100万と
少しづつ貯金して今後の備えに残しておきたいですね。

あとがき

お金はあればあるだけいいですし
300万円貯めてても少ないと感じる人もいるでしょう。
私もひとりのときはまずは50万 その次は100万と貯めていきました。

やはり100万円貯めても不安でその後ボーナスや実家に戻ったりして
500万円まで貯めましたが・・まだ不安・・どれだけあれば満足するのか?^^;

一人だったこともありますし 今も今後何がおこるかわからないので
備えだけはしておこうと思っています。

 

-お金のこと
-, ,