Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

ガーデニング ライフスタイル

柚子の季節です。柚子の旬は?柚子の保存方法

2017/02/06


28c03d72f599799161cb24169a15070b_m

柚子の季節です。

 

我が家の庭の柚子がもうすぐ収穫時期です。

 

柚子はお料理では

お吸い物、ふろふき大根、和え物、焼き魚、土瓶蒸し

ジャムやポン酢、柚子みそ、柚子茶、柚子酒、柚子ドレッシング

柚子アイス、柚子七味、柚子紅茶などなど

アロマや漢方 ハンドクリームにも使われてますね。

 

香りも大好きです。

 

柚子ジャムを作ったときは

部屋中、柚子の香りでいっぱい!!

柚子好きの私としては幸せ~な気分でした。

 

今回も作ってみようかしら。

 

さて

今回は、

柚子について

 

柚子の旬や見分け方など

柚子の旬・・・11月下旬~12月~翌年1月にかけて

柚子は貯蔵性があり年末~春頃までお店に並びます。

 

黄柚子と青柚子がありますが、これは収穫時期の違いで

青い柚子(未熟)→収穫は㋇頃 果汁が少なく主に皮の部分が使われます。

 

 

柚子の花・・初夏に咲きます。

 

柚子の収穫で難儀なのは、トゲがあることです。

 

「バラのトゲは小さくて鋭くて刺されば折れて残るトゲ」

「柚子のトゲは長くて硬く、貫通するトゲ」と言われています。

 

強い風が吹くたびに果実とトゲがこすれて果実に傷がつきやすいです。

傷がついてもたいてい味や香りには問題ありません。

 

ゆずの鮮度の見分け方

時間が経った柚子は、しぼんでブヨブヨな感じ。

買うときは表面がごつごつで新鮮なもの。ヘタの切り口が新しいもの。

(古くなった柚子はお風呂にいれて柚子風呂がおすすめです。)

 

ゆずの洗い方

塩で洗う。又はたわしで洗う。
皮も使う柚子はしっかり洗うことが大切です。

塩やたわしを使うことで柚子のデコボコに入りこんで
汚れやほこりをしっかり取り除きます。

そして、70℃くらいのお湯につけておく。

その後、流水でスポンジを使ってごしごし荒らいます。

※表面の農薬が心配でしたらお湯にしばらくつけておく。
水溶性の農薬はこれで除去できます。

 

柚子の皮のしぶみを減らしたいとき

苦味が強いとお料理が台無しになってしまいますので
下処理に気を付けてください。

皮の黄色いところだけ使い
白い部分はできるだけ取り除く。

たくさんの柚子を使うとき
一度、ゆでこぼし、そのあと4-5回水を変えながら
24時間冷水につけると苦味がやわらぎます。

be97c7b2e50d9bba63ac7ed6cb42649d_m

柚子の保存方法

柚子は香りが命です。香りをたやさないこと。
なるべく早く使い切る。もしくは加工して保存。

 

丸ごと保存するとき→冷蔵庫

できるだけ傷の少ない柚子を丸ごと保存
ビニール袋やジップロックなどに入れて
密閉してください。

空気に触れないようにしっかりとつつまれていれば
冷蔵庫で1-2カ月は新鮮なまま保存できます。

 

冷凍の場合→空気に触れないように密閉し
使うときは冷凍そのまま使いたい分だけ使用。
皮はそのまますりおろす。

 

果汁だけ→保存

香りがとんでしまうのであまりおすすめはできませんが
小分けして冷凍
製氷皿やシリコンタイプの一口サイズの型に入れる。

皮だけ→保存

おすすめは皮の白い部分も少し残しておいて幅広くきる。
そのままラップにつつみ冷凍。

白いところを残すことで黄色い部分に含まれる
香りの素が損なわれないようにしている。

使う前に解凍して白い部分は取り除く。
(黄色のところだけ細く刻んだ冷凍→細胞がつぶれ香りが弱まる)

※もし使う前に皮の処理が面倒であれば
黄色い部分のみ冷凍してもOK (香りは少し落ちますが・・・^^;)

 

乾燥する

柚子の皮を乾燥させたら陳皮という調味料に大変身します。

作り方:柚子の皮を千切りにして天日干し。

2-3日干してカラカラになったら瓶やジップロックで保存。

お料理や入浴剤に使用。

 

あとがき

今回はゆずについて旬や洗い方、保存の仕方をお伝えしました。

参考にしてみてください。^^

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

73ddc14d26b996a8e53480ef7ae7e13d_m

 

-ガーデニング, ライフスタイル
-