Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

アドラー心理学 メンタルヘルス

リフレーミング力で人生HAPPY!!

2017/02/06

Pocket

リフレーミングってきいたことありますか?

リフレーミングとは

リフレーミングとは

視点や見方を変えることです。

 

心理学では個人が物事を捉える枠組みを「フレーム(frame)」と言い

この枠組みを変えることを「リフレーミング(reframing)」と言います。

 

いろんな考え方、見方があります。

 

人によって

雨が降ったら気分が良くない人もいれば

雨が好きな人もいます。

 

失敗して落ち込む人もいれば

次の成功の種と思い再出発の原動力になる人もいます。

 

体験と解釈は一致しません。

そもそも体験していることに

正解とか間違い、否定とか肯定もありません。

 

だったら

今後の人生において

生きやすくするなら楽しいほうがいいですよね。

物事をいい方にとらえていくと気分も違ってきます。

 

リフレーミングすると

例えば

 

「頑固すぎる」をリフレーミングすると

→伝統を守り抜く職人肌の人。一貫性がある。意志の強い。信念がある。

 

というように・・

意味を良いほうに変換します。

 

 

「落ち込みやすい」

→真面目に考える。深く物事を思う。自分自身を謙虚に受けとめられる。反省上手。

 

「飽きっぽい」

→素直。従順。環境になじみやすい。好奇心旺盛。

 

「えらそうな」

→物知り。堂々としている。自信がある。

 

「短気」

→思いをストレートに表現できる。決断力がある。情熱的。

 

「暗い」

→物静か。冷静。自分の世界を大切にする。

 

「集中力がない」

→散漫力がある(マルチタスクができる)。想像力が豊か。

 

「元気がない」

→充電中

 

 

 

などなど

 

 

ある人にとっては短所・障害・悩みというように

考えたり感じたりしていることは

視点(見方)を変えると

そのこと自体、その人にとって

長所・財産・可能性・好機なのだと

発想転換できるのです。

 

これって素敵なことですよね。

 

「ずっと短所だと思って落ち込んでいたけど

そういう風に受けとると希望がわいてきたっ!!」

 

とか

 

「自分の性格に悩んでいたけど・・

そういう見方があるんだ!!私っていいとこあるじゃん!」と

 

光がみえてきますよね。

 

これをコミュニケーションでも活かしていくと

お互い「いい気分」になり「いい関係」になっていくと思いませんか!

 

 

 

リフレーミング辞典がありますので

参考にしてみてください。

 

どんどん良い言葉を使って

自分や周りの人を笑顔にしていきたいですね。

 

 

状況のリフレーミング

先ほどのリフレーミングは意味のリフレーミングでしたが

状況のリフレーミングもあります。

 

例えば

 

  • イヤな上司のもとで仕事をすることになった場合。

 

リフレーミングすると

→反面教師として学ぶ。違う見方ができる。

ここで耐えたら次がラクになるかも。

 

 

  • 階段で転んで足を骨折してしまった場合。

 

リフレーミングすると

→ゆっくり時間がとれる。充電しよう。

死ななくて良かった。

手じゃなくて良かった。

からだのありがたみがわかった。

家族のやさしさに気づけた。

 

というように状況でもリフレーミングすることができます。

 

あとがき

言葉の力は偉大です。

 

自分を褒めたり
自分を喜ばせたり
自分を勇気づけたり

人を褒めたり
人を喜ばせたり
人を元気づけたり

するために

素敵な言葉をたくさん使っていきたいですね!!

 

ぽちっと応援よろしくお願いします。^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 

-アドラー心理学, メンタルヘルス
-,