Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

メンタルヘルス

ツレがうつになりました。

2016/12/23


%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%91

 

「ツレがうつになりまして」2009年 NHKの金曜ドラマで
はじめてみました。

その6年後に私も同じ状況になるとは思ってもみませんでした。

昨年 主人がうつ病になり仕事を9カ月休職しました。

うつ病と診断されるまで。
うつ病で休職中のこと。
家族の支え方など・・

お話ししていきます。
現在もこの病気で苦しまれてる方 また家族の方に
少しでもお役に立てたら幸いです。

では

はじめに

うつ病になるまでの兆候と休職するまで

主人の仕事は営業と役職は課長で部下の管理も同時にしていました。
毎朝6時に起きて7時に家をでます。

通勤は社有車で片道1時間のところへ
帰りは毎日22時前後でした。

役職がついていたので残業代はつきません。
毎日サービス残業です。
毎月給与明細みると60時間~70時間前後は残業していました。

夕食は9時半~10時くらい・・晩酌にワインをグラスで2杯くらい
お風呂に入ってからもハイボール350ml缶2本飲んでいました。(毎晩)
夜遅く食べたり寝酒したり 健康診断も経過観察で肝臓の数値は悪かったです。

主人の様子がおかしくなったのは

2013年秋頃

頭痛 吐き気 右腕がしびれる

だるさ 昼間の眠気 ふらつき 眠れない など

頭痛と吐き気はまず整形外科で診ていただきました。

頸椎MRIで検査し結果はストレートネックで変形性頚椎症 脊柱管狭窄症、神経根症
でした。
薬を処方してもらったらしびれはなくなってきたようで
頭痛にはロキソニンをのんでましたが 毎日飲んでいたので
今思うと・・ちょっと毎日はこわいな~と・・・・

その後は
肩こり 頭痛は相変わらずあり
夜眠れない→アルコールを飲む
朝の寝汗と体はずっと疲れた状態が続き

2015年春頃から

「休みたい」「眠たい」などの言葉が多くなり
私は有給休暇や休日出勤してるから代休とって休めば?と
促していました。
ですが主人は真面目で責任感が強いので休まず会社に行きつづけ
「仕事でミスすることが多くなった・・」
「お客さんからの注文を忘れてしまう・・」
「車に乗ってると眠たくなる・・」というようなことが多発しはじめたので
主人自身もちょっとおかしい・・と思ったみたいです。

私も心配になり
物忘れがひどくなっていたので
「脳」をみてもらったほうがいいのかも・・と思い
脳神経外科で診てもらいました。

脳神経外科では脳の異常はなく大丈夫でした。

そのあと
近所の心療内科で診てもらうと「うつ病」と診断され
会社の産業医さんと人事の方に相談し
まずは2週間すぐに休んでくださいと言われました。

代休や有休休暇がかなり残っていたのでその休暇を使い
2週間休むことに。

私は主人は疲れているから2.3日睡眠とれば元の元気な主人に戻ると
軽く考えていたのですが・・
一週間たったころ 「疲れがとれない・・」「寝汗をかく」「眠れない」
「午前中 からだが重い・・」と昼過ぎまで寝ていたり
午後からは少し楽になるみたいで散歩にいってました。
好きな音楽やギターを弾くことが少なくなり 口数も減り
診療内科で相談すると3ヶ月は休みとってくださいとのこと。
診断書をもらい産業医さんと相談し休職することになりました。

 

うつになった原因

主人の性格は真面目で責任感が強く優しいです。
性格や考え方も少しはあると思います。
優しすぎて言いたいことが言えなかったり
責任をもってしてることもいっぱいいっぱいだったのかもしれません。
そのうえに何か私も知らない挫折感があったのかもしれません。
会社では課長という役職と営業マンとしての仕事を両立していました。
主人から仕事の話を聞いている限りでは上司と部下との間に挟まれていて
部下が上司の不満を主人に言ったり聞いたり 主人もその上司との間で
悶々とするものがあったようです。
詳しくは話さないので私の憶測ですが・・
上司との間でなんらかの挫折感ややってられない感が生まれたのかな~と思っています。
「仕事も辞めたい・・」と言いだしはじめました。

プライベートでは主人の両親と同居しちょうど3年経ち
主人と義父との確執や 私も義両親との間でプチうつになって
主人にいろいろ聞いてもらってました。それもストレスだったのか?
主人の父は主人の体調が良くなりだしたころに
余計な一言を言っては主人の精神状態を悪い方にもたらしました。
昭和一桁代の高度経済成長期に働いていた義父は仕事は定年までしっかり働け!と
いうタイプだったので休職したことも心療内科に行ってることも転職したいことも
凝り固まった思い込みと人の話を聞かない頑固さで断固拒否
私にも「なんとか仕事を辞めさせないでほしい」「転職しても仕事はない」
「学生時代スポーツしていたのだから精神は弱くないはず」などなど
心療内科の説明しても「精神病=頭がおかしい」と解釈していて・・
なるべく義父とは会わない話さないを徹底していました。

仕事のことだけ
プライベートのことだけ
とは限らず いろんなことが重なっていたのかもしれません。

次回はこの続き

「休職中のこと」をお話しします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

-メンタルヘルス
-