Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

アドラー心理学 メンタルヘルス

「自分の行動は自分できめる。」アドラー勇気づけ講座

2017/01/28


 

7bfb3a984cc71967b7cf4c8bfcc97bf7_mアドラーの勇気づけ

「自分の人生を引き受ける」の講義を受けました。

 

 

今、あなたは

したくても「できない」

行きたくても「行けない」

やりたくても「できない」

習慣化したいけど・・「できない」

ってことはありませんか?

 

私は「〇〇できない」が

いっぱいでてきました・・^^;

 

まず・・

飲み会行けない・・

ストレッチ毎日できない・・

英語の勉強したいけど・・時間がなくてできない

毎年2回は実家に帰りたいけど・・帰れない。

ひとりでのびのびしたい・・できない。

読書がしたいけど・・できない。

他の勉強もしたい・・できない。

 

って・・

 

自分の行動は自分で決める。

 

「できない」の裏には・・

 

「できない」ってでてきた行動を

今度は「しない」に置き換えてみてください。

 

飲み会「いかない」

ストレッチ「しない」

英語の勉強「しない」

読書「しない」

実家に「帰らない」

勉強「しない」

 

「しない」にすると

どんな気持ちになりましたか?

 

 

 

 

私は

「いいのかな~」ってちょっと不安になりました。

 

これって

「しない」に置き換えると

しようと思っていたのに「できない」って

自分の意志で決めていることに気づきます。

 

自分が「しない」って決めてるのに

時間のせいにしたり

人のせいにしたり・・

 

たとえば私の場合

 

「飲み会に行けない」は

同居している両親のせいにしていました。^^;

 

帰りが夜遅くなったりすると

遊んでいると思われやしないか・・と

気にしてしまいいけませんでした。

行きにくいです。

でも

気にしなければ「行ける」はずです。

ほんとに両親はどう思っているかは知らないので

私の妄想・・憶測・・事実ではないので

 

 

「ストレッチ毎日できない」は

いつでもできる・・って気持ちがあり

自分で「やらない」って決めてて

「時間がない・・」って言い訳している。

 

 

 

だから・・

 

いけないとか良いとか悪いとかの判断ではなく

 

自己決定

読んで字のごとく

 

「自分で決めている」

 

のです。

 

この「自分で決めている」ってことを自分が受け入れれば

 

ストレスは軽減していきます。

 

 

私たちは

困難なことにであったとき

つい、まわりの人や環境のせいにしてしまいがちです。

人間だれもが

個々にそれぞれの価値基準を持っています。

 

正しいこと

良い悪いの基準も人それぞれです。

 

常識っていうのもみんな違うメガネをかけているので

価値観の相違で人間関係の摩擦も生じます。

 

 

そこで

 

自分と相手にとって

 

「正しい・間違っている」

「良い・悪い」

のジャッジしない。

 

 

あなたの人生はあなたが主人公です。

 

 

あなたの人生は

他人のものでもなく他人に振り回される必要もなく

あなた自身のものです。

 

人生は自分が主人公です。

 

自分自身を変えられないと悩む人も

「自分自身を変えない」って決断しているのです。

 

 

私はこれを聞いて

「腑落ちしました。」

 

アドラー心理学が私にとって

すーーーーーっと

全身に入ってきました。

 

 

全ての行動は

自分が決めているんですね。

 

 

ない」

習慣化したいけど・・「できない」

ってことはありませんか?

 

私は「〇〇できない」が

いっぱいでてきました・・^^;

 

まず・・

飲み会行けない・・

ストレッチ毎日できない・・

英語の勉強したいけど・・時間がなくてできない

毎年2回は実家に帰りたいけど・・帰れない。

ひとりでのびのびしたい・・できない。

読書がしたいけど・・できない。

他の勉強もしたい・・できない。

 

って・・

 

自分の行動は自分で決める。

 

「できない」の裏には・・

 

「できない」ってでてきた行動を

今度は「しない」に置き換えてみてください。

 

飲み会「いかない」

ストレッチ「しない」

英語の勉強「しない」

読書「しない」

実家に「帰らない」

勉強「しない」

 

「しない」にすると

どんな気持ちになりましたか?

 

 

 

 

私は

「いいのかな~」ってちょっと不安になりました。

 

これって

「しない」に置き換えると

しようと思っていたのに「できない」って

自分の意志で決めていることに気づきます。

 

自分が「しない」って決めてるのに

時間のせいにしたり

人のせいにしたり・・

 

たとえば私の場合

 

「飲み会に行けない」は

同居している両親のせいにしていました。^^;

 

帰りが夜遅くなったりすると

遊んでいると思われやしないか・・と

気にしてしまいいけませんでした。

行きにくいです。

でも

気にしなければ「行ける」はずです。

ほんとに両親はどう思っているかは知らないので

私の妄想・・憶測・・事実ではないので

 

 

「ストレッチ毎日できない」は

いつでもできる・・って気持ちがあり

自分で「やらない」って決めてて

「時間がない・・」って言い訳している。

 

 

 

だから・・

 

いけないとか良いとか悪いとかの判断ではなく

 

自己決定

読んで字のごとく

 

「自分で決めている」

 

のです。

 

この「自分で決めている」ってことを自分が受け入れれば

 

ストレスは軽減していきます。

 

 

私たちは

困難なことにであったとき

つい、まわりの人や環境のせいにしてしまいがちです。

人間だれもが

個々にそれぞれの価値基準を持っています。

 

正しいこと

良い悪いの基準も人それぞれです。

 

常識っていうのもみんな違うメガネをかけているので

価値観の相違で人間関係の摩擦も生じます。

 

 

そこで

 

自分と相手にとって

 

「正しい・間違っている」

「良い・悪い」

のジャッジしない。

 

 

あなたの人生はあなたが主人公です。

 

 

あなたの人生は

他人のものでもなく他人に振り回される必要もなく

あなた自身のものです。

 

人生は自分が主人公です。

 

自分自身を変えられないと悩む人も

「自分自身を変えない」って決断しているのです。

 

 

私はこれを聞いて

「腑落ちしました。」

 

アドラー心理学・・

私にすとく合ってます。

 

私にとって

すーーーーーっと

全身に入ってきました。

 

 

全ての行動は

自分が決めているんですね。

-アドラー心理学, メンタルヘルス
-