Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

メンタルヘルス ライフスタイル

引き寄せの法則で気づいたこと

2017/06/18


「引き寄せの法則」(2007/10)エスター・ヒックス+ジェリー・ヒックス著 吉田利子訳

「お金と引き寄せの法則」(2009/2)エスター・ヒックス+ジェリー・ヒックス著 吉田利子訳

 

「引き寄せの法則」10年前に出てたんですね。

今回、初めて読みました^^;

 

「引き寄せの法則」とは

「それ自身に似たものを引き寄せる」ということ。

全ては自分の思考が引き寄せていて

今、自分が焦点を定めた思考自分の中の波動を引き起こし
その波動に「引き寄せの法則」が作用するというもの。

 

●自分が肥満だと感じていたら → → スリムなからだを引き寄せられない。

●自分は貧乏だ。お金がない → → 豊かさやお金は引き寄せられない。

これが法則なのです。

 

望まないことを経験したくないと思い
「あ~嫌だ、こんなことしたくない。」と思っても
「関心」が「望まない事」になっているので

その対象を経験の中に招きよせるというのです。

だから

いいことも嫌なことも
思考や関心が強かったらそっちの方に引き寄せるってこと。

 

関心や認識が長期間継続(強力になていくと)すると
「引き寄せの法則」が発動されて
経験のなかに取り込まれてしまう。

望む望まないにかかわらず
自分が考えること関心が向けられてることが
長期間(強力になっていく)考え続けると
それに似たほかの思考や会話や経験
似たような波動の人たちが
自分の元に引き寄せられる。

だから

このことに気づかなくても・・
(私もいままで知りませんでした。)

いつも「引き寄せの法則」はみんな使っているということです。

 

知らないときは

「お金が減ってきた。」

「お金がないから仕事しないと」

「ない」ってずっと言ってましたね・・やばい

「不足」を信じていたということになります。

なので

それを意図的に活用することはできるのか???

 

その場合

意図的に思考の焦点を定めることが重要。

自分が選んだ対象に焦点を定めていれば
対象に働く「引き寄せの作用点」はとても強力になります。

考える対象がつぎつぎに変わる場合はそうはいかなくて
焦点を定めることが重要で大きな力になるそうです。

 

例えば

何か「ほしいもの」があるとする場合

ほとんどの人は本当に欲しいと思い
必死に努力しても欲しいものに手が届かないという。

それは
欲しいものが手に入るという思考より
自分には欠如しているという思考の方が支配的で
必死に努力しているのに欲しいものが手に入らないという現状になる。

「欠落」ではなく「望み」に焦点を合わせていく。

欲しいものを創造しているときは
前向きで期待してワクワクしているのに

その話を誰かにしたら

「そんなことは実現するはずがない」

「期待してはいけない」

とネガティブ意見を言われたりしますよね。
外野から。

そのようなネガティブな意見は
「欲求の対象の欠落」に焦点が移るので
実現を遠ざけることになります。

ネガティブな暗い感情になるのは
間違った創造をしているときだけ。

ネガティブな暗い気持ちになったと気づいたら
理由がなんであれ
またどうしてそんなことになったか
どんな状況にあるかにかかわらず
していることを中止し
別のもっと心地よいことに思考を向けるといいそうです。

私の場合

主人が睡眠導入剤やメンタルの薬を飲んでいるのですが
アルコールを飲む場合は控えてね。と言っているのに
アルコールを飲むんですね。

ちょっとアルコール依存症では???
と主人のことを心配するあまり
監視しているようになり

不安そうな顔 心配そうな顔 疑いの目
をしているのか
言葉も思考も悪いほうに考えていました。

だから
主人も望まない方へ
向かってしまうんだ・・と思いました。

ついつい悪いことを予想してしまい
問題が起こるのではないか・・と

実際、主人の行動が変わることはなく
悪いほうへと
夫婦間もなんだかぎくしゃくしていました。

自分自身の思考が引き寄せた自分の苦痛を感じていたということです。

こういう場合は
主人が元気になっている姿を想像し
不安な言葉は口にしないこと。

でした。

確かに波動はネガティブでしたね。

全てに「引き寄せの法則」があるんですね。

 

もし、

今「悪循環」にはまっている人は

悪循環って始まりは小さなネガティブ思考からきていて
それが重なり強力な悪循環になっているので
すぐには極端に変えられないのです。

でも少しづつ変えてはいけます。

その場合は

思考を変えるより

気持ちをそらしたり
眠る
映画を観に行く
音楽をきく
ペットと遊ぶ
など

なんでもいいので行動してから
思考を

どんな小さなことでもいいので
自分に起こっている出来事のなかで
一番いいことに焦点を定めていく。
「引き寄せの法則」でいいことが引き寄せられていく。
もっともっと
望む方向へ変えていくことで
「好循環」に変えていくことができます。

ネガティブな感情がわいたとき
「自分は何を考えていただろう」
「自分は何を望むだろう」

と気づいて考えることが大事です。

明るくていい気分になることを探す。決める。
心地いいことを探す。感じる。ですね。

「引き寄せの法則」は
私が今、脳や潜在意識やアドラー心理学を勉強している内容と
共通する部分があり
腑におちることばかりです。

思考って大事だな~ってつくづく思いました。

 

☆二つのランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します。m(_ _"m)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

-メンタルヘルス, ライフスタイル
-,