Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

メンタルヘルス ライフスタイル

親と同居で上手くやるコツ!悩みやストレスを抱えない方法

2017/06/28

Pocket




私はいま、主人の両親と同居しています。
今年で同居5年目です。

同居したいきさつ

結婚するとき
お互いバツイチ子供なしの再婚で
離婚したときは親に心配かけてしまったので
これからは親孝行していきたいね。
と話をしていました。

結婚当時は1年ほど
主人の両親の家から近い場所で
賃貸で住んでいました。
私が仕事を退職するにあたり
私の会社から社宅として借りていたので
退去しないといけなくなり
一から、住む場所を考えたとき
希望の間取りだと
家賃が高額で・・・
日々の経費としてはしんどいな~と思っていたら
主人の父が
2階の部屋空いてるから
住んでいいよ~と言ってくださり
2階にはトイレと小さなキッチンもあったので
家賃がかなり安くなる!!
貯金できる!!
親が高齢なので何かあれば対応できる。
親も若いときと比べて考え方も丸くなってるだろうし
嫁姑問題も大丈夫かな~と・・。
ということで一緒に住みはじめました。

同居の環境

玄関とお風呂は同じです。

玄関までは廊下があり
出かけるときは両親にわかります。
お風呂は着替えるところがないので
廊下にカーテンがついてるだけで
目の前が義父の部屋。
木の引き戸で閉まっていますが
音は聞こえます。
慣れましたが・・
エロ親父ではないので
そこは安心しています。^^;

トイレも
二階にあり

キッチンは別で
冷蔵庫も別々です。
これは有難かったです。

親と同居での食事環境

食事は半年くらい
朝以外はお昼と夕食を
一緒に食べてました。

今は別々で食べています。

はじめは気を遣って
同じ屋根の下、一緒に食べるのがいいかな~と思い
食べてましたが・・
献立をたてるときに
「今日は何が食べたい?」
ってときに「〇〇」というと
今日はそれ食べたくない・・とか
「ん・・・じゃどうします?」と
メニューに時間がかかるのと
食べたいものが皆違うので
義母も私も別々で1品か2品作るので
メインに合わせないといけないし・・
これがお昼も夕食もなので
だんだん憂鬱になってきて
私も義母もやりづらくなってきていました。

あと
一緒に食べているときに
両親が別々に違う話を同時にしてくるのと
毎日お昼と夕食に
同じ話がループするので
私は食べるのがしんどくなってきました。
その頃、主人は帰りが遅かったので
ほとんど食べる時間は3人です。

そこで悩みに悩み
言いにくかったですが
義母に
「暮らしのリズムが違うのと
食べたいものが一致するのも難しいですし
いろんな方法をとってみませんか?
いままで一緒に食べてきたけど
別々で食べてみる方向も試してみませんか?」と。

そうすると
義母は「そうね!!いろいろ試してみよう!」と
笑顔で言ってくれたので別々での食事に変更できました。

義父はみんなで食べることには大賛成でしたので
急に別々で食べることに
「どうしたの?」「え?」でしたが

義母が
「若い人達とは生活のリズムが違うでしょ!」
「いろいろやり方変えてみてお互い気持ちがいいほうがいいでしょ」と
義父に言ってくれてました。
納得はしてないようでしたが強引に。^^;

義母はサバサバしている性格で
しこりを残さないタイプといいますか
嫌味も言わないですし
義父がちょっとうるさい小姑のようなタイプです。^^;

はじめの半年で
「一緒に食べること」にほんと悩みました。
そんなことで?って思われるかもしれませんが
ちょっといい嫁ぶっていたのか
「一緒に食べたくない」って本音を言ったら
「どう思われるか?」「嫌われる」「一緒に住んでいるのに・・」
など、想像して言えなくて・・

でも、意を決して
義母に言って良かったです。

ここで思ったのが
そこまで悩む必要がなかったのかな・・ということです。

勝手に

「そうしなきゃいけない」って

思っている部分があったら

「それは自分のものさしで考えているだけ!!」

ということ。

それは自分の今までの常識みたいなもので
自分のものさしで思ってるだけで

両親がこう思ってるかもしれない・・とか
私のように「嫌われるかも・・」とか

事実かどうかわからないのに
ああだこうだと悩んでも仕方がないことです。
今は、別々の空間で食事ができていることに感謝しています。

 




同居の親と上手くやるコツ

私と主人の両親は
どうしても一緒に過ごす時間が
主人より長いです。

両親が言ったひとことで
嫌な気分になったり
こちらが望むとおりのことができなくて悶々としたり
相手を喜ばせたいとか
相手にいいように思われたいとか・・

こうやって悩んでストレスを抱えているとき
幸せな気分や前向きな考え方の方向に向きにくいですよね。

同居して嫌なら別居!!

と・・できたらいいですが

たいてい
一緒に住んでしまうと
なかなか出れないものです。

ここで
引き寄せの法則です。

何か言われて不愉快な‥いやな気分になるのは数分なはずなのに
私たちは、そのときのネガティブな感情を
ずっと後まで持ち続けていることが多いです。

私もそうです。
違うことで不機嫌になっても
「前もそうだった」「あのときもあんなこと言われた」と。
たくさん嫌な気分のときのことをひっつけて
ネガティブ感情を膨らませてしまってました。
実際起こっている
今の現状のネガティブな問題より
以前に起こったネガティブなこと
を考えて嫌な気持ちになっています。

思考がネガティブ感情にフォーカスしている状況ですよね。

 

なので

 

ひとりになったときに

勇気をだして
思考を変えてみるんです。
(今考えていることを)

嫌なときって嫌なことばかり考えて
ループしていますよね。

そこをなんとか
嫌なことを考えている思考を止めて

自分が望むことや前向きなこと
好きなことだけにフォーカスしてみてください。

そうすることで
ネガティブ感情が徐々に消えていき小さくなってきます。

困った人や
嫌な気分にする人と
数分や数時間会うことが多々ありますが
人生のごく一部と考えて
その人たちのことに関心を持たないようにする。

嫌な人や嫌な気分や経験や体験に
関心をむけないでいられるようにしていくと
嫌な思考が消えて
「引き寄せの法則」によって
嫌なことが引き寄せられることがなくなります。

 

84才の義父の行動や失言・暴言には
家族全員困っています。^^;

ひとこと多いのと
そのひとことがタイミングが悪く
毎週お友達とカラオケ行ったり
旅行に行ったりしていますが
コミュニケーション大丈夫かな・・?と心配してしまいます。

義母は50年以上も耐えて弱音をはかず泣かない人ですが
ストレスを上手くちょこちょこ発散しながら生きてきたようです。

義母のように
ストレスをため込まず
趣味に発散できる人はいいですが

私や主人のように
心にため込むタイプは
考え方を変えるしかないと思いました。

人間誰しもストレスを受けながら生活していますが
うまく発散しないと病気になってしまいます。

先日、脳のお勉強をしてきたのでわかったのですが
脳の構造には
大脳新皮質(人間脳)、大脳辺縁系(動物脳)、脳幹(爬虫類脳)
があり、感情は大脳辺縁系・・別名「動物脳」で反応するので
「快」「不快」「欲」を感知し左右されます。

嫌な気分は「不快」ですよね。
嫌な気持ちの思考とこの感情がセットになって
問題をつくっていくのだそうです。

「快」の気分や自分が楽しい・前向きな思考を
合わせもつと問題が小さくなっていくので
「思考」を意識してみてください。

自分を実験しながら・・遊び感覚で^^

「思考が現実化する」そうなので
「いい思考」→現実化したほうがいいですよね。

私もまだまだ実践中です~♪

 

 

 

 

☆二つのランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します。m(_ _"m)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

-メンタルヘルス, ライフスタイル
-, , , , ,