Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

お金のこと ライフスタイル

老後の生活費と今後の見直し

2017/01/10


 

老後のこと

いったいどれくらい年金が入るのか

どんな時代になっているのか・・

気になりますし・・

ちょっと不安・・

 

60才~65才の間

5年間は年金が入らないので

そのときのお金は貯蓄しておかないと・・

 

私もあと10年・・

 

どれくらい持っていないといけないのか?

どのくらい貯蓄がいるのか・・

 

 

老後の生活費

 

まずは試算

今、月にどのくらい支出があるか・・ですよね。

 

毎月の支出×12か月=年間支出

 

年間支出×5年間=5年間の生活費

 

人により支出額が違いますが

 

一番大きい支出は

住居費と保険費ですよね。

 

持ち家か賃貸か・・

ローン返済が残るか残らないか・・

あと・・

お子さんがいらっしゃると教育費がどのくらいまで必要か

 

今から見直しとシュミレーションして

どのくらいかかるか試算し

毎月の支出額から積み立て額を捻出するか

もしくは仕事をする・仕事を増やす・投資などで収入を増やし積み立てていくか・・

 

生活費の平均は?

調べてみますと

60才以上の平均生活費は以下のとおり

(レジャー費・趣味代は別)

 

60才以上無職 一人暮らし(住居ローンなし・住居費0円)の場合→平均16万円

60才以上無職 夫婦二人暮らし(住宅ローンなし・住居費0円)の場合→平均25万円

60才以上無職 夫婦二人暮らし(マンション暮らし ローンなし)の場合→平均30万円

(マンションの場合 管理費+修繕積費 オール電化など電気代 損額保険含む)

 

 

その他の見直しは何がある?

  • 生命保険料
  • 自動車を手放すかどうか
  • 今後 誰と一緒に暮らすか(家族・子供と暮らす)
  • 持ち家・マンションの売却
  • どこに住むか
  • 収入を増やすか支出を削るか

 

今後の支出の項目など

  • 健康保険料
  • 介護保険料
  • 所得税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 相続税
  • 生命保険料
  • 自動車の維持費(税金・修理・保険など)車の買い替え
  • 火災保険料や地震保険料
  • リフォーム代
  • 大物電化製品の買い替え(5-10年で故障又は修理費)
  • 医療費
  • 交通費
  • 冠婚葬祭費
  • 孫や子供へのおこづかい
  • 墓地代 お墓代
  • 施設に入る時の費用

などなど

いろいろ経費がかかりますね。

年金額によっても積立額が変わってきます。

 

年金額による必要貯蓄額

毎月の生活費が25万円で年300万円

90才まで生きる計算だと

300万×25年(65才→90才)=7,500万円

 

年金240万円(毎月20万円) →必要貯蓄額 1,500万円

年金180万円 (毎月15万円)→必要貯蓄額 3,000万円

年金120万円 (毎月10万円 →必要貯蓄額 4,500万円

 

ん・・・今からだとかなり貯蓄しなくては・・(汗)

 

あとがき

若ければ若いうちに

コツコツ積立をしておいたほうがいいですね。^^

 

持ち家で健康で質素に暮らせれば

そんなにいらないかもしれませんが・・

 

「備えあれば憂いなし」です。

 

が・・・

 

反対に

「不安対策よりも健康に心がけ楽しく暮らす」

ことも大事だと思います。

 

健康予防にお金を使うほうが
病気になってかかる医療費のほうが
高額な場合が多いので
今の生活習慣を見直すことも大事ですよね。

 

お金がなくても「幸せ」を感じられると
「なんとかなる」って思えるのかな~

 

私の祖母に
亡くなる前にきいたことがあって・・

「おばぁちゃん幸せだった?」

ってきくと

「貧乏だったけど楽しく暮らせて幸せだったよ」と

言ってたのを思い出します。

 

何が大事かは人それぞれですが
何を優先するか・・

どこで妥協するか妥協したくなければ
どうしたらいいか?

人生楽しくしたいし・・
でもけちけちしたくない・・

ストレスがかからない程度の貯蓄ができれば一番いいのですが・・^^;

 

 

 

-お金のこと, ライフスタイル
-