Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

健康法 健康管理

病気は、早期発見!早期治療!家族のチェックしてますか?

2017/06/29

Pocket

 

ha


"font-family: 'comic sans ms', sans-serif; font-size: 20px;">

いきなりですが・・
家族のことよく見てますか?

今日の顔色は?
普通?
元気そう?
しんどそう?

そして

昨日着てた服
今日着てた服
どんな色でしたか?

覚えてますか?

恥ずかしながら
私は、顔はちゃんとみてますが
後は覚えてないことが多いですね。

主人の今日のネクタイ
何色だったっけ???

あれ?

こんな具合です・・

で、
なにげなくみている家族のことを

よく観察すること!!

これが

未然に病気や突然のアクシデントを回避できる!

のです。

 

 

家族のことをよく観察してみてください。

 

身近な人
家族 お友達 会社の同僚など

身近な人の顔や服装 しぐさや行動
観察することで
大きな病気を未然に防ぐことができます。

私の場合

実は今の主人と結婚する前に
5年同棲生活していた彼氏のことをお話ししますね。

彼はヘビースモーカーでした。
1日2箱
お酒は飲めなくて
甘いもの お肉が大好きでした。

毎年の健康診断では
コレステロールが少し高いのと
中性脂肪がだんだん高くなり
お腹まわりが太ってきていました。
経過観察という診断

毎日 いたって元気で
車で通勤していました。

今 思い出すと
前から
「歯が痛い 歯が痛い」といってたので
「歯医者さんにいったら?」とすすめ
近所の歯科にいきましたが
とくに虫歯でもなく大丈夫とのこと。

その後も
同じように
「歯が痛い歯が痛い」と
右の歯が痛いようで右頬をずっと押さえてました。

何度もいうので

今度は顎かな~と思い
大きな病院の口腔外科に行ってきたら・・とすすめ
すぐに市立病院で診てもらいましたが
前回の歯科と同じように
特に悪いところがないとのこと・・

しばらく
痛いときと痛くないときがあるようで
様子見ることにしていました。

半年くらいたったある日

私の携帯に彼から電話が入り
出ると
「〇〇警察です。」と・・

「え????」「警察?」
「〇〇さんの携帯で間違っていないです。
 さきほど 〇〇さんは倒れて病院で診てもらいましたが
 亡くなりました。」と・・・・。

いきなり頭真っ白でした。

彼は仕事からの帰り道
近くのマンション前で
倒れてたようです。
その日は雨でした。

人通りが少ない路地だったので
救急車を呼ばれたのが遅く
病院に行くまでには
すでに心肺停止状態だったようです。

驚きとショックで
「何かの間違いであってほしい」と
祈りながら警察へいきました。

祈りは届かず・・

そして死亡解剖した結果
心筋梗塞でした。

それまでに通院や入院もなく
心臓が悪いともきいたこともなく
私も彼の家族も事情聴取を受け
皆 突然のことすぎて
ショックを隠し切れませんでした。

 

あとで調べると
心筋梗塞の兆候には
心臓のある右側のからだの部分が
痛くなることがあるそうです。

彼は右側の歯が痛かった・・
歯が痛い・・だけで心筋梗塞に結びつかないし
わからなかったけれども
もっとよく検索し調べていたら・・
未然に防げたかもしれない・・

と後悔しています。

 



ですから
こういうケースもありますので
同じ思いをしないようにお伝えしました。

ちょっとした歯痛でも
歯科でわからなければ
他にも原因がないか・・
総合的に判断してくれる病院があれば
そこで調べてもらうことをおすすめします。

痛みがある・・ということは
どこか異変があるということ。

早期発見早期治療です。

家族のちょっとした異変を見逃さず
よく観察することは大事です。

忙しい毎日を過ごしていると
見落としがちですが・・
顔色や
どこかに手をあてていないか・・

食欲はあるか・・
などは

わかりやすいと思います。

面倒がらずに病院に行くこと。

納得できなければ他の病院でもみてもらうこと。

あとはPCで調べること。

できることはしたほうがいいです。

後悔しないためにも。

 

 

 

 

-健康法 健康管理
-,