Happylifeのためのブログ

こころとからだが喜ぶHappyLifeプランナーnaoのブログへようこそ!!

健康法 健康管理 病気 風邪予防

風邪予防 喉が痛くなる前に習慣にしたい4つの方法

2017/06/29

Pocket

kaze1

 


「予防は治療に勝る」ということわざがあります。
病気は予防することが肝心で病気にかかってからの治療よりずっと大切だという意味です。

今はこの言葉が本当によくわかります。

私は20代の頃 扁桃腺炎でよく高熱を出し3.4日寝込んでました。
はじめは1年に2回ほどだったのに
結婚してから2カ月ごとに喉が痛くなり高熱が何度もでてはひきの繰り返しで
喉も赤くはれて 扁桃腺が白くうみだし 唾を飲み込むだけでも痛くて
何も食べることができませんでした。
最終的に病院へ行き(私の場合 内科より耳鼻科)
食べられないと言うとすぐ点滴を打ってもらい
薬も抗生物質をだしてもらったら
やっと痛みがやわらぎ熱も下がるという・・のを度々引き起こしてました。

唾ものみこむのも痛いというのは本当につらいです。

いまでも喉がいたくなるときはありますが
ひどくなる前に(痛みを知っているので)予防をしていいるのと
少し痛くなったら耳鼻咽喉科に通院しています。

でも

仕事で休めない人や
帰宅時間が遅て病院の受付時間間に合わない人
耳鼻咽喉科が近くにない
耳鼻咽喉科は待ち時間が長い
など・・

なかなかすぐにはいけないですよね。

なので
少しでものどの痛みがやわらぐ方法を知っていれば・・と思い
ここで簡単にご紹介しますね。

喉が痛くなる前に習慣にしたい4つの方法

手洗いうがいをする。

%e6%89%8b%e6%b4%97%e3%81%84

こまめに手洗い うがいをする。

・手洗い 手のひら 手の甲 指の間 指先 爪の間 手首も各5秒間くらい洗いましょう。

・うがいは 約60ml-100mlの水又はお湯に塩を小さじ半分くらい入れてうがいする。
紅茶や緑茶(殺菌作用があるといわれています)でうがいするとカテキン作用で効果があります。

または希釈したうがい薬をコップに用意します。これを使って3回にわけてうがいをします。

うがいの仕方は

うがい1回目は口の中に含み クチュクチュぺっと 口の中を綺麗にします。
2回目は上を向いてのどの奥のほう15秒ほどガラガラペっと
3回目も上を向いてのどの奥のほう15秒ほどガラガラペっとうがいします。

 

水分補給 多めにとる。

mizu

水分はなるべくたくさんこまめにとる。

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは口や鼻から呼吸とともに侵入してきます。
鼻や気道の粘膜の表面は「綿毛」と呼ばれる毛でおおわれていて
この「綿毛」が小刻みに動くことで粘液に流れを作りウイルスをせきやたんとして排出します。

このときからだの水分量が減ってしまうと綿毛が乾燥し侵入してきたウイルスを排除できなくなります。

水または白湯を一日に1500mlを少しづつこまめにとる。

マスクをつける

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%91

マスクでウイルスは完全に100%シャットアウトはできないですが
マスクをつけていると呼吸に含まれている湿気や暖気が口の周りから逃げていきません。

なので

気管支や鼻の中に風邪の細菌やウィルスが繁殖しにくくなります。
そのため、たとえ風邪の菌やウィルスがマスクを通過しても風邪を発症しにくくなります。

マスクは鼻まで覆って使用しましょう。

そして

マスクは必ず玄関先で外して捨てましょう。
マスクには風邪の原因のウイルスや細菌がいっぱいついています。
外からマスクをつけたままで家に入ると細菌やウイルスが家中に飛び散ってしまいます。(怖いですね)

 




 

保湿・加湿をする。

%e5%8a%a0%e6%b9%bf%e5%99%a8

部屋の湿度は40%を切るとのどが乾燥しやすくなり風邪のウイルスが付着しやすくなります。

ウイルスは気温が20℃で湿度30%の状態には6時間後では約半分のウイルスが生きています。
しかし,湿度が60%まで上昇すると95%まで死んでしまう。いかにウイルスが湿気に弱いかがよくわかりますよね。

・部屋の湿度は40-60%~70%が良い。

・コップやお皿に水をはったり 濡れタオルを部屋に一枚かけておく。

・マスクをつけて寝る。

 

鼻呼吸する

%e9%bc%bb

鼻の中には常に水分があり天然の加湿器のようになっているため
鼻呼吸することでウイルスを侵入から防げるようになっています。
口呼吸だとそのままウイルスが肺まで入ってしまいます。

鼻呼吸をすると綺麗な空気をのどや肺におくることが出来ます。
鼻には吸った空気を浄化する機能があり空気中のほこりをとり
乾燥した空気を適度な湿度にしてくれます。

・鼻呼吸に矯正しましょう!
「あいうべ体操」

口をとじて鼻で呼吸するトレーニングです。
口の周りの筋肉と舌を突き出す筋肉を鍛える必要があり
「あいう」は口の周りの筋肉のトレーニング
「べ」は舌を突き出す筋肉のトレーニングになります。

意識的に鼻呼吸することで喉が温まり 喉の痛みがやわらぎます。

 

 

最後に

いかがでしたか?
前もって予防すること!!
習慣にできるといいですね!

あとはからだのためにも
無理はしない。
人込みを避ける。
睡眠をたっぷりとる。
仕事で声をつかいすぎる方は特に気を付けてくださいね。

 

 

 

-健康法 健康管理, 病気, 風邪予防
-, , , ,